広告

2014年05月26日

咽喉のポイント


咽頭は上から(A)、(B)、(C)に分けられる。(A)は(D)から(E)まで、(B)は(E)から(F)まで、(C)は(F)から(G)までである。

(A)上咽頭(B)中咽頭(C)下咽頭(D)頭蓋骨底(E)軟口蓋(F)喉頭蓋(G)食道入口


咽頭の作用(功能)には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)がある。上咽頭側壁には(F)という開口部がある。

(A)嚥下作用(B)呼吸作用(呼気の加温、加湿、粉塵除去)(C)共鳴作用(D)防御作用(E)免疫的防御機構(F)耳管咽頭口cf. 耳管咽頭口には中耳腔圧力調整もある。


Waldeyer咽頭輪は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)からなり、抗体を産生している。

(A)口蓋扁桃(B)咽頭扁桃(アデノイド)(C)舌扁桃(D)咽頭側索(E)耳管咽頭(F)孤立性リンパ小節
cf. Waldeyer咽頭輪は内環を構成し、外環には、咽頭後リンパ節、下顎リンパ節、顎下リンパ節、オトガイ下リンパ節などにより構成される。


口蓋扁桃の動脈は(A)由来で、静脈は(B)へと注がれる。

(A)外頚動脈(B)咽頭静脈叢


喉頭は(A)、(B)、(C)に分けられる。声門は上の(D)と下の(E)の総称である。喉頭の神経は(F)由来の(G)、および(H)由来の(I)に支配される。

(A)声門上腔(B)声門部(声門領域)(C)声門下腔(D)前庭ヒダ(E)声帯ヒダ(F)迷走神経(G)上喉頭神経(H)反回神経(I)下喉頭神経


喉頭の生理機能には(A)、(B)、(C)、(D)がある。

(A)呼吸機能(B)発音機能(C)保護機能(D)閉鎖機能


喉頭の軟骨は、単独ものに、(A)、(B)、(C)があり、対をなすものに(D)、(E)、(F) がある。

(A)喉頭蓋軟骨(B)甲状軟骨(C)輪状軟骨(D)披裂軟骨(E)小角軟骨(F)楔状軟骨


急性口蓋扁桃炎の原因菌には(A)や(B)が多い。症状には(C)、(D)、(E)、(F)、(G)などがある。治療は(H)、(I)である。

(A)溶血性レンサ球菌(B)ブドウ球菌(C)発熱(D)咽頭痛(E)悪寒戦慄(F)放散性耳痛(G)リンパ節圧痛(H)含嗽剤でのうがい(I)鎮痛消炎剤と抗生剤


急性口蓋扁桃炎の合併症には局所的なものに、(A)、(B)、(C)、(D)、(E)などがあり、全身的なものに(F)、(G)、(H)などがある。

(A)扁桃周囲炎(B)扁桃周囲膿瘍(C)急性中耳炎(D)咽頭間隙膿瘍(E)リンパ節炎(F)急性リウマチ関節炎(G)急性腎炎(H)急性心筋炎

10
慢性口蓋扁桃炎の診断は(A)と(B)である。症状は自覚症状がないか、軽度のことが多い。

(A)急性炎症の反復(B)圧迫による膿汁排泄

11
慢性口蓋扁桃炎の治療には(A)と(B)がある。合併症には、(C)、(D)、(E)、(F)などがある。

(A)保存的陰窩洗浄法(B)口蓋扁桃摘出術(C)掌蹠膿胞症(D)慢性関節リウマチ(E)IgA腎炎(F)心筋炎

12
アデノイドとは、(A)および、その付近のリンパ節の増殖肥大に原因する症候群のことである。ただし、(A)が大きくても、障害を呈しない場合はアデノイドとは言わない。アデノイドの臨床症状に(B)、(C)、(D)がある。治療には(E)を行う。

(A)咽頭扁桃(B)耳症状(難聴、耳鳴り、耳性注意不能症)(C)鼻症状(口呼吸、上気道炎症、アデノイド顔貌、慢性鼻炎鼻腔炎、鼻性注意不能症)(D)全身症状(睡眠が浅い、夜尿症)(E)アデノイド切除術

13
扁桃体切除術の適応症は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A)慢性扁桃体炎症の反復急性発作と扁桃体周囲膿瘍(B)扁桃体の肥大により呼吸、嚥下、発音に障害(C)慢性扁桃体炎が他の臓器の病変を引き起こしたもの(D)扁桃体角化症とジフテリア保菌者で保存的治療が無効(E)扁桃体の良性腫瘍

14
睡眠時無呼吸症候群(OSAHS)とは睡眠時に(A)が閉塞され、(B)や(C)が生じる。また、いびきや睡眠障害、血液中の酸素飽和度も低下する。(D)時間での呼吸の停止が(E)回以上か(F)が(G)以上である。

(A)上気道(B)無呼吸(C)低呼吸(D)7(E)30(F) 無呼吸指数 (Apnea Index = AI)(G)5

15
上咽頭癌の症状には大きく分けて、(A)症状(B)症状(C)症状(D)、(E)、(F)がある。

(A)耳(B)鼻(C)神経(D)頭痛(E)頚部リンパ節腫脹(F)遠隔転移

16
上咽頭癌の耳症状には(A)不全から(B)、そして、(C)、(D)、(E)がある。鼻症状には(F)、(G)がある。

(A)耳管機能(B)滲出性中耳炎(C)耳閉塞感(D)伝音難聴(E)耳鳴り(F)進行性鼻閉塞(G)血性鼻漏

17
上咽頭癌の神経症状にはX、Y、\、]、]Tがやられた時の(A)、癌転移のリンパ節が\、]、]Tを圧迫することによる(B)がある。

(A)錐体蝶形骨症候群(B)頸静脈孔症候群

18
喉頭癌の症状に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある。

(A)異物感(B)嚥下痛(C)嗄声(D)呼吸困難(E)頚部リンパ節腫脹(F) 喘鳴

19
喉頭閉鎖の症状は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。

(A)呼吸性呼吸困難(B)吸息時陥没(四陥没症:心窩部、肋間部、鎖骨上窩、胸骨上窩)(C)吸息性喘鳴(D)嗄声(E)チアノーゼ

20
喉頭閉鎖の治療の原則は1度では(A)、2度では(B)、3度では(C)、4度では(D)である。
(A)原因治療(B)原因治療と気管切開の説明(C)原因治療と気道確保(D)気道確保と原因治療


posted by 耳鼻科太郎 at 20:47| 咽喉部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。