広告

2014年05月26日

耳のポイント


中耳は(A)、(B)、(C)、(D)からなる。

(A)鼓室(B)耳管(咽鼓管)(C)乳突洞(乳突气房)(D)鼓室前庭(鼓窦)


鼓室の六つの壁は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)と呼ばれる。

(A)上壁(鼓室蓋)(B)下壁(頚静脈壁)(C)前壁(頚動脈壁)(D)後壁(乳突壁)(E)外壁(鼓膜壁)(F)内壁(迷路壁)


鼓室は(A)、(B)、(C)に分けられる。

(A)上鼓室(B)中鼓室(C)下鼓室


鼓膜の解剖学的指標に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある

(A)臍(B)ツチ骨短突起(C)前ツチ骨ヒダ(D)後ツチ骨ヒダ(E)光錐(F)ツチ骨柄


鼓室の内壁の解剖学的指標に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)(F)がある。

(A) 岬角(鼓岬)(B)前庭窓(C)蝸牛窓(D) 外側半規管隆起(外半规管凸)(E) 匙状突起(匙突)(F) 顔面神経管隆起(面神经管凸)


乳突(骨)は(A)、(B)、(C)、(D)の4タイプに分けられる。

(A)気化型(B)硬化型(C)板障型(D)混合型


内耳の骨迷路には(A)、(B)、(C)がある。膜迷路には(D)、(E)、(F)、(G)がある。内リンパ液があるのが(H)で、外リンパ液があるのが(I)である。(H)は(J)に相当し、(I)は(K)と(L)に分けられる。

(A)前庭(B)蝸牛(C)半規管(D) 椭圆囊−−椭圆囊斑(E) 球囊−−球囊斑(F) 膜半规管−−壶腹嵴(G) 蜗管−−螺旋器(Corti器)(H)膜迷路(I)骨迷路(J)蝸牛管(K)前庭階(L)鼓室階


耳管の作用は(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A)中耳内外の圧を保つ(B)防声作用(C)引流作用(D)逆行性感染防止作用


急性化膿性中耳炎の感染経路は(A)、(B)、(C)である。

(A)経耳管感染(上呼吸道急性感染、伝染病、水泳など)(B)外耳道と鼓膜から(C)血行感染

10
慢性化膿性中耳炎の特徴(症状)は、(A)、(B)、(C)である。

(A)粘液性耳漏(B)聴覚障害(C)故膜穿孔

11
慢性化膿性中耳炎は(A)、(B)、(C)に分けられる。

(A)単純型(B) カリエス型(C) 胆脂腫型

12
颅外并发症を5種類

耳后骨膜下脓肿、贝佐氏脓肿、迷路炎、面瘫、岩尖炎

13
颅内并发症を7種類

硬膜外脓肿、乙状窦血栓性静膜炎、脑膜炎、硬膜下脓肿、脑积水、脑疝
posted by 耳鼻科太郎 at 20:49| 耳部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。